どこにでもある話。 

(仕事の話なので)
(つまらない話ですみません)
(たぶんわかりにくい話でさらにすまん)





VSシャチョー。




先日は

「オレの現場だオレのやり方でやる!」
のセリフで すべてがひっくり返ったり、



日常的に

ええええ!なことも多いシャチョー

それは
小さい会社だと ありがちなんだろう と思っている(が、どうでしょう)






今の時期
舗装やさんと ガードマンさんは超多忙。
舗装工事にはガードマンがゼッタイに必要。
歩行者、通行する車、工事車両の誘導、
一番大切なのは安全に工事を施工することなので
上手な(気働きができてとっさの判断ができる、)ガードマンを確保しなければならない

一度 切ってしまうと
次から来てくれなくなるので(他の会社の現場に引っ張られてしまう) 
ガードマンをできるだけ切らさないようにオーダーかけないとならない

(ガードマンの手が足りないので)
(この時期だけあちこちから引く手あまた)
(あちこちから引きがあるので)
(一度空白を作ると他の現場に回されてしまい、)
(今度は 必要なときにそこの現場から戻してもらえなくなる)
(・・ので できるだけ工事に空きを作らないように)
(とは言え 無駄に雇うのも経費の無駄になるし)

複数の工事の それぞれの進捗状況を予測してガードマンの手配をしてる

現場ごとにガードマンの単価が違うので
(県道、国道、交通量の激しい箇所は役所からそれぞれ資格のあるガードマンを指定されたりする)
事前の配置と 経費の配分を考えたり
現場からの要求もききつつ・・

舗装工事は 雨、雪、だと施工できないので
(アスファルトが早くに冷めてしまっていいしあがりにならない)
天気予報のチェックも必要



水木金、あたりで警備員派遣会社の社長さんと打ち合わせをします




夏場の建設業界的 ヒマな時期にも
小工事などで できるだけまめに警備会社に声かける
そのかわりに、繁忙期にはうちにできるだけ要求通りに配置してもらえるように
年間通しての駆け引きもしてる

今現在進行形の工事が4本
(一本は林道工事なのでガードマン不要)

単発の工事が4本控えてて工期が迫ってる
ゼッタイにガードマンを切らさないように
雨、雪が頻繁にあるので その分各社舗装が順延になって
ぎりぎりの綱渡りで仕事してる
こっちも ガードマンの会社も。

お互い様ではあるけど 人数は限られてるので
確認作業が大切なわけで


市道ではあるけど交通量が多い場所の歩道と車道の工事をしている
アスファルト舗装に3日かかるので
(下準備のアスファルトの下に入れる路盤・・という砂利の交換工事がその前に2日)


週末に 今週の確認していたら

国道の工事には2名
市道には(舗装なので)3人、て頼んでおきましたよね

と言うと



「シャチョーから 1人でいい、と言われたので、もう他にまわしちゃいました」


ええええ!
ちょとまて ちょっとまってくれ
どうやらシャチョー、カンチガイしたらしい
(舗装やとのスケジュールつめたのは自分なのにうっかりしたみたいだ)

交渉に、交渉を重ねて
3人必要なところを なんとか2人、確保して
交差点だから 3人ほしいけどしかたない、


ガードマンの会社、事務所にいつもいる専務?が現場に出てくれるらしい




そしたら!
今日(もう昨日だけど)


「オレの現場、あさって2人ガードマン必要だから頼んで」←ワタクシへの指示




・・nも、一斉にみんながブーイング(笑)


「先週、シャチョーがガードマン勝手に減らしちゃったから
そのあとどれだけ頼み込んで増やしたと思ってんの!」@シャチョーのおねいさんvv


「でもオレの現場、マンホール開けるんだもんガードマンいないと危ない」


「じゃ、○○さん(ワタクシ)に頼まないであんたが自分で電話しなさいっ!」@シャチョーのおねーさん




・・・
オレの現場なんだからな!社長がくればいいじゃん。たまには現場に来い。
と、警備会社の社長さんをひっぱりだしてました(笑)

おとなって、大人って!
わがままだよね子供より!



どこにでもある話。(多分)