6/27 ARASHI DISCOVERY。 

「群を抜く方法は当たり前の仕事を
当たり前でない 情熱で行うことである」




・・深いな。

これは アメリカのTV番組の司会者で、コメディアンのディビットレターマンさんのことばです
レターマンさんが司会を務めるトーク番組は深夜でありながら25年も続いているそうです
これも あたりまえの仕事をあたりまえでない情熱で、ee 行っているから!なんではないでしょうかね

・・
・・
たしかに。すいな。
深夜、なんですね

・・
iyaaaa でも

嵐も。
(かちん)←ペンをテーブルにとん、てやったような音

あれですね、、深夜番組やってましたね
Cの嵐 Dの嵐、Gの嵐、っての やってましてね
(やってたね 楽しみにYOUの部屋で見てました)

(すぅぅ)←ブレス


いや、でもね

深夜だからできたんでしょうね

あんな くだらないことが
nふふふふ(ゴン)←何かにぶつかったか、よりかかった

ほんっとにね

おもしろかったのはね

にの、と ロケして あおうお、だ。
巨大なさかな・・雷魚みたいな もっとでかいような、、(ゴン!)←狭い?のかな まわりの壁とかたなとかに椅子の背がぶつかるとかそんな感じ
(椅子ぐるぐるしつつ えーとーー、て しゃべってるイメージ)

あおうおを、つかまえろ、みたいな で、
(ころころこr・・笑いころげるのがかわいい)

あおうおの 名人、紹介されてーーー

ほんでー
なんかあの 竿を立てて、えさつけて

(聞きながらCDGの嵐のディスク探すワタクシ)

ほったらかしとく

竿がしなったら、あの、わかるように 鈴がついたぁる、、

だから とりあえず、セッティングして

セットできましたね
つって

その、名人に

あとぼくら、どうしたら いいですか つって

「いや。あとは待つだけです」 ←名人の真似vvvvv


て。


「鈴がなったら、かかった、てことなんで」


・・
「あ、そうですか」つって

sssssss で そのロケ、なにするか、つったら
フリスビーとか、ボールとか、なんかテントとか、渡されて

あ、もう・・自由に、遊んでください つって

・・(そんな)感じ。(のロケ)



・・

で も、いっこうに鈴ならないの

その日。
遊んで、。。フリスビーちょと遊んで

テント、んなかで 本気で2人で寝たり――

・・

して!


鈴鳴らずじまいで終ってーーー


そんでだよ?OA、して
そんで なんにちか、何カ月かわすれたけどーー
また
リベンジだ、つって
やったんだよ まった(く)同じこと



鈴ならない さかなもかかってない、


またその日終って
スタッフがあらかじめ釣って スタジオかどっかで見たんだよ

そんな感じだったね
深夜ロケ、番組の・・フリスビー、だけうまくなったりね


(こん、こん、こん、て 連続して音がスルーー)

そーゆのばっかやってんだもん、

またやりましょう。

以上っ 大野智でしたーーー









・・・2004のDの嵐、だよね
第3弾は2005、櫻葉、の。
見たいのにさすがに朝は見る時間がナイ(汗)
(ディスクは発見笑)









くりちゃんが

ARASHI DISCOVERY。、ここんとこずっと
大野くんは
ヨーロッパ旅行や、家族の話が多かったけど
だんだんと忙しくなって
お仕事話が多くなるような気がしますね と言ってましたが



ワタクシも お仕事バナシ
(以下個人的なオハナシ)
(具体的すぎてわかりにくいかも)



正直な話 この時期、本来は
会社自体はあまり工事が立て込んでなくて
決算処理、棚卸等に追われる、というのが通例なのに
去年くらいから
この時期にも落札が重なって
なぜだか忙しい。(ありがたいことです)




今朝。
出社したら

木曜に夜間作業の施工をする予定だった元請けから
急きょ
「夜間工事を止めて金曜の昼間の工事に」


「は?」


・・・了解、善処します。  
と答えるまでに数秒かかるくらい引く。


実際は
24日にシャチョーあてに「夜業を変更します」メールを先方は送っていたという・・

シャチョーは
お客さんに自分の個人アドレスの入った名刺を配ってしまうので
(PWが入ってるので誰も開けられない)

普段、ほとんど怒らない若が珍しく怒ってた


「めーる開けて早く事務所に転送して!(-_-メ)」


急いで昼間施工の段取りに変更、
レンタルのパワーライト@夜間用
夜間受け入れの廃材キャンセルしたり


そして最近多いのが
一見さんの民間の方から
「これから家を建てるので水道の新設をしたい」
「給湯機を個人で買ったので設置してほしい」
「知人に頼まれてフェンスと門扉を用意したが設置工事も頼まれたので住所が近い御社で施工してほしい」

・・
最後のは、フェンスメーカーの社長さんからの依頼だったけど

最初にかかってくる電話は
「あのー 小田原の業者さんでフェンスの工事をしてくれるところを探してるんですがそういう工事はしてますか」
「はい、お見積りさせていただきます、まずはお名前とご連絡先をいただけますか」
「住所、よくわかんないんです、高台でーー相模湾が見えて、近くにおいしい干物やがあってー」
「(施工場所も知らないて?)・・お名前だけでもお知らせいただけますか」
「○○です、図面はありますアドレス教えてください!」

・・↑ こっから始まるんだよ 危ないよ?

でもよくよく話してみると そこそこ大きな鋳物フェンス会社だった、
あまりにも最初の応対が危なかったので 社名からHPみたら、、
そこの会社の社長だった(笑)
家を新築する知人に フェンス本体だけ卸す約束したら
工事も頼まれて  できれば近くの業者に相談したいと思って
ネットで検索して あちこち電話したけど
「電話がつながらなかったり 疑われてけんもほろろな扱いだったり」て
だって いかにも 怪しかったんだよ!
電話かかってきたのが土曜日だったから お休みの会社が多くて
たまたま 対応したのがうち、てことだったかと


それにしても、最近こういう問い合わせが多い
HP見て、電話しました、とおっしゃるのですが
HPのトップ画面に優良工事表彰の写真を置いてる効果なのか?
・・今年も表彰されたけど
HPには数年前の写真が貼りっぱなし(更新してない)
更新しないと・・