悩。 












自分では当てることができず
友達が当ててくれたアラフェスチケット
なのにその本人が来ないことになって
・・友達のお友達が代わりに隣に。
(私の左隣は娘)
どうして、来てくれなかったんだろ、来たくない理由は本当はなんだったんだ
とか考えるとぐるぐるしてしまうけど
もちろんちゃんと理由は聞いてたから
(なのにいつも深読みしてしまう)
(聞いてた以外に躊躇する理由が他にあるのかとか)
・良かれと思って
つって、なんか動いて いつも失敗するのが私の常です
わたしに、おもてなし・の対応が足りないのがいけないかもしれない・・
・「察してちゃん」じゃない。
といつも言ってる友達なのに
こうした方が、いいよね、、て勝手に気を回したり動いたりして失敗する

とてもとても好きで
「一緒に」コンサート、行くようになって毎回会うのが楽しみで
そっちが行かないなら・・
とか思わなくもなかった とは口に出すのははばかれるほど
今の嵐のチケットは貴重すぎる、わけで

なので。←コレたぶん大野くんのくちぐせだ、と思ったvvv

今ある状況を楽しむ、ことに した。

とはいえやはり事細かく記憶をつづるメールをする勇気なくてさ
私だけ、入ってごめん。
な気持ちが働いて
かと言ってココにレポ書き込むのもどうなのよ とか
かえってネガティブになっとるのはどうなのよーーつって(あほ)

次は!
ぜーーーったい、一緒に行きたい。
もうあと10日もすると、当落か・・

夢中になって、しごとしてごはん作って洗濯して・・日常を慌ただしく過ごして
10日間 そういうこと、忘れて過ごしたい。
まっさらな、気持ちで。



昔のコンサートで、何度か 別のお友達から「隣にどうぞ」て 誘ってくれる機会があった時にはいつも
次に「お返し」できる確約ができないのでと 断ったり
もしよかったら、落選してしまった別のお友達を誘っていただけませんか
と紹介させてもらうとか ずいぶんとおこがましい真似をしたもんだ
とか 改めて反省したりもした
コンサート、って誰と入る。ってのも重要なのかもしれない
(いやもちろん昨日ご一緒させていただいたことも十分に楽しくもあった!)
だからといって、じゃ、わたしもやめる。ということができなかったのも事実だ。

わたしは友達甲斐のないやつなのかもしれん。

(結局同じ思いにたどり着く笑)



友達が
ブログにエントリあげてた。
9/22を普通に過ごして、気持ちはもう次へ。
私もぐずぐず言ってないで
覚書を書きとめたら 次へ。次へ。
(まだ書いてない、これから書く)