9/22覚書 2 

さぁさぁさぁーー、国立ーーー。





・例年よりも遅い時期にやっているので
・若干 風が涼しいですね(的な)(まずは季節のご挨拶)
・あっvvv 相葉さん 汗だくじゃないですか
・(この辺、翔ちゃんだったか)

そうですね ファーはさすがに暑い!
・(相葉さんの衣装のえりもとはファーでしたvv)

・絶好調超ーー、じゃないですか!←J 楽しそう♪

・(アラフェスは リクエスト方式だったけど)
・投票した人ーーー
・(はーーい!)←ワタクシ
・(でも回りはあんまり反応なかったな)

・あえて、投票しなかったけど来たよ、の人いますか

・(あちこちでぱらぱら、挙手)

・これからもよろしくお願いします←J?にのみ?

・おーのさんプロデュースのミステリアス、は(出来は)どうだったんですか
・(安定の翔ちゃんのLOVE智フリ)
・自分のソロも 投票の結果だからね!
・いやいや 別に文句は言ってませんっ(嘘つきました少し文句いいました)

・ていくみー・・ふぁらうぇい、が スローテンポな曲だったからぁ
・(ひらがな・微妙にたどたどしく・自らのソロ曲タイトルなのにvvv)
・でも、時計じかけ、も イントロがちょっとスローな入りだから
・うまく曲がつながるな、ってことだそうで
・で そのあとMonsterに行く、と 

・お天気の話になり
・昨日も今日も晴れてよかったねーー♪ 

・残念ながら今日は曇天で ございます。

・晴れてよかったねーー(にっこりほっこり)な相葉さんを
・曇天。という二文字でばっさりにのみ
・今日も二宮さんの頭の回転はくるっくるしてます

・(あのさ、あのさ、)砂絵、初めてやってみたの。←唐突には感じなかった(あとから思うに)(話の前振りとしてはおかしくなかった)

・あれは ゼンブ(相葉さんがやったアートなの)?

・最後出てきた方は 相葉さんじゃないですよね
・一緒にやってくださってた、アーティストさんです

・素晴らしき世界、の歌途中で メインスクリーンに
・最初、影絵を手でやっているみたいに、人の手が映り込んで
・最初、観客かスタッフの手が映り込んでるのかと思った
・そしたら てのひらが 動き出してサンドアート映像に変わった
・途中、相葉さんの手の平も あった、てことだよね(気付かなかった・・)

・アーティストさんと二人で、作りました
・ぼくの作った、傑作。実はもうひとつあるんです。画面にさっきは映らなかったけどね

・傑作なの!

・傑作なのに、落ちたの?
(この辺、センターステからしゃべりながらメインステに歩いていた、と思う)
(メモしなかったけど)

・お客さんも 見たいでしょ?

・それは・・もうDVDに入れよう。←コーナーはもう終わったし採用に至らなかった作品はもう今はいいですよー つってJ!
・DVD!!!!に、なるのね そうなのね!
・て、この時点では そっちのセリフの意味にくいついて思わずメモする


(まさか、この、フリが サプライズにつながるなんて)
(ワタクシは これっぽちも気付いてなかったYO!)




・「相葉さんが ラブシチュエーション、かけてんだよ感動したよ」←て、ここでメモしてあるけどコレなんだったっけ?



・みんなで(5人で)(会場7万人で)メインスクリーンを見る
・サンドアート・・・←樹とか人とか・・←それをくずしてーー
・ぐるっと、○を描いて・・
・ケーキの、スポンジみたいな・・
・ソコに ロウソクを立てる・・
・え?ええ?
・ケーキの右横に「Happy Birthday Jun」きゃあああああああ!!!

(わたしは ケーキの砂絵が出るまでわからなかった)
(もっとぴん!と来る人は早い段階から来たかもそうかも)

・メインスクリーン、に「手紙」の文字が映る

・(大野くんの声が!)
・(全然、ゼンブは書き留められませんでした・・_│ ̄│○..)

・ようこそ 大人の世界へ
(いつものように多少キャラ入れてるので思わず会場から笑いがもれる)
・今年はあなたとずい分一緒にいた気がします
・貴重な時間でした
・(なにかエピソードあった・・のに書いてない)
・そのままのまっすぐなまちゅじゅん。でいてください
・いつもありがと。
・そしておめでと。
・大野智。


・(すぐさま続いて翔ちゃんの声が)
・(めっちゃ真面目な、低い声)
・あなたと初めて会ったのは、
・青山・・←メモ取れず爆
・すんごい細くてきゃしゃな、、、・・
・なのに、今や こんな細マッチョ。
・まっちょじゅん。
←ウケルの想定されててドヤvvvvv
・失礼。
・いざ。共に。・・未来へ。




・(続いて、相葉さんの声で)
・(すみません1行しかメモがない)
・(昔から風邪をひきやすいじぶんにいつも薬箱から、はい、って薬を出してくれるそんな優しいとこがある)
・いつまでも優しいあなたでいてください



・手紙が読まれている間、
・「明日の記憶」が流れている
・メインスクリーンには若いころの潤くん、
・嵐、としてのJの写真がつぎつぎに映る
・(まさに智の記憶、の時同様)


・智翔雅紀 とくれば
・次はにのみだね、となんの不思議もなく思ったのに
・にのみの声が出てこない
・左隣の娘が
・「にのみはーーー?」ね、どしたんだろ・・



・ふたたび
・サンドアートで バースデーケーキが映る
・右下の Happy Birthday Jun のさらに下に ・・・
・Nino。

・うっわwwwwwwwvvvvv そゆことか!



ふたたび大野くんの声。
・にのへ。
・ようこそ大人の世界へ。
 ←つまり同じVer.でいくらしいっ

・(いつでもどこでもゲームをしてるけど最近アナタの気持ちがわかるようになった)的な(メモとれず)

・私もゲーマーであることに気付いたからである
・(おめでとう、大野智。で締めてたと思うのだけどメモれなかったっす)
・(だって うわーーうわーーー、て思って感激してたもんで)(役立たずですまん)


・あなたと初めてあったのは←これまたオトコマエな声vv
・(かっこつけてる方の翔ちゃんです)

・(どこだっけ、場所言ってたのに・・書いてない)
・坊主あたまでしたね
・次にあったときは 野球の、キャッチャーの練習していましたね
・坊主頭でキャッチャー・・
・何がなんだか、訳ワカメでした。
←テイストがオトノハですvv

・いざ。共に。未来へ。


・にのへ。
・家族以上に 一緒に過ごしてきましたね。


・電車で・・
・家に遊びに・・←しかメモってナイ(アケさんTちゃんごめん想像でまかなってください)

・まあ。なんだかんだ、言っても。大好きですよ←さらりとvv ←会場はひえええええ

・相葉雅紀。


メインステ真ん中で
メインスクリーン見上げてるにのみとJ
ありゃ 3人がいない・・

正面から(いつも、ばいばーーい!のあと嵐がはけるドアのあるとこ)
櫻葉SKと!Yabaiな智が ケーキを持って登場!

Happy Birthday to you
Happy Birthday to you
Happy Bir--thday, Dear ,,,にのじゅん!

Happy Birthday to you!

(・みんなで お祝いの歌を歌ったYO---


(いつの間に?て Jも にのみも驚いてた)

・はい、て渡されてた
・今までのパターンからすると、DVDですねvvv
・にのみ、パッケージ(お祝いだからリボン付)
・Nino Mii て書いてあるvv
・パッケージの写真はマリオにのみ、Wiiのパロディかな?
・J のパッケージはThis is itのパッケージに似せた?スタッフが協力して画像を加工してくれた、と

・にのみは

・大野くん、翔ちゃん・・とJへの「手紙」がVTRで流れて

・オレ手紙(のVTR)録ってない!
・オレ(昨日)そんなに早く帰ったかな?

・と激焦ったそうです(笑)かわいいにのみったら!
・(だが冷静に考えると確かに焦るわな)
・アートは最初、Happy Birthday Jun しか文字がなかったから。
・にのみにとっては ダブルなサプライズだったのですね

・翔ちゃんが にのみの驚いた顔もDVDに入れるように(スタッフに)頼んだ。と。

・そのDVD ファンにもみせてくださいっ!
・なんならいままでのばーすでさぷらいずも!入れてください(深深礼)

・100歩譲ってあなたはSでしょ
・とJに言われてたけど
・翔ちゃんは青。大宮SKの「K」を、
・相葉さんは赤。大野くんの。
・そして大野くんは、Jの昔の衣装着用


・さすがにオレたち このままの衣装で次のコーナーにはいけませんっ
・と、3人はける


(続く)←予定vvvvv
こんな時間になっちまった明日は休み明けでハードワーク