11/8 ARASHI DISCOVERY。 

「おはようございます
おーちゃんの声や話しかたが大好きなので
このラジオは私の癒しです」




「ところで今 どんなふうに、このメールを読んでくれていますか
原稿には なにか 書き込んであったりするのか、とか
どんな感じにラジオを収録しているのか?
とても気になります」


hooooooooo

(なんて秀逸な質問!)
(大野くんファン・・ラジオファンとしては総意です)

そっかーーーー

これ、なんて言えばいnだろね。
・・
ま、
椅子を並べて。
・・n も
楽、な姿勢ですね

椅子並べて、ソファ・みたいにちょっとしてぇ

壁に寄りかかって 足はもう・・

らーーんっ・・と前に投げ出して

原稿は、手に持って。

何も書きこんで、、(ナイ、)

昔書き込んでたよねぇ。赤ペンで、ねぇ。
チェックしたり・・

最近、な(い)、それすら無くなった、ね


そんだけー
慣れてきた。ってことじゃないですかいい意味で。
(そう思います!)

せいちょ、したんですよ

ね!

・・ぼくは成長したよ!

これからも聞いてね!

(はいっ!

続いて。

「さとしくんおはよございます
わたしは結婚の予定があるのですが
その中 eee 彼、が異動になることがわかりました
私は会社に勤めて6年目
彼はeeeee 転勤族だから
いつかは やめなきゃいけない という気持ちと
やめたくない、と言う気持ちのはざまで踏ん切りがつきません

でも
さとしくんに
彼のために 彼のとこにいこう!と言われたら
これが私の運命なんだ、と
従おうと思います

お願い、さとしくん・・わたしの背中を押して、いただけないでしょうか。」


・・・
(一瞬間があった)

なるほど。←若干キャラいれた

・・
言うまでもないですよ。

答えは出てるじゃないか。

彼のために。彼のところへ。


行けっ!!!
(エコーかけ)


続いて。←しれ、っと(笑)

16歳、レナさんから。

「さとしくんおはよございます
最近、授業で
シンデレラコンプレックスを習いました
シンデレラコンプレックスというのは
女性が、いつまでも夢をみている ということです

eeeeee 友達に
シンデレラコンプレックスだから、現実見なよ!
と言われてしまいます
さとしくんが、私の彼氏になったつもりで
メッセージください。
少しだけ 夢を見させてください」


なーーるほど・・


そんなん、あるんだね(はいはい)


レナ。きみは、シンデレラだよ

(カッコいいのにシンデレラ、でビミョーに言葉がつまづいておるvv)


そして レナはずぅっと!シンデレラで。いいんだよ

(ちょとギャグはいったvvv)

・・つづいて!nっくくく
(自分でウケてしまった)←かばええ

えっへっへへ 大丈夫?コレ。
nっふふ


「大野くんおはようございます
最近はやりの(←?)ドン引きシリーズが大好きです
わたしも告白します!」

来ました!

「わたしは、顎から、・・一本だけ、太いひげがはえています、、、」

(わらいころげているvvvv)


(最後まで書けない・・)



昨夜は 今日のSHOのごはん用にシチュー作りました
(夜中1:30にシチュー完成笑)

まだ台所片付けてないので
片付けて、ご飯炊いて

そのあと 新幹線にて名古屋行きますvv
先に行ってる友達と合流します
大野くんに逢える
いってきます