6/10 ARASHI DISCOVERY。【追記】 

「1日はーー、



短い単位の 一生、・・
一生は 長い単位のいちにち、
1日を一生のごとく真剣に生き
一生を1日の如く気楽に生きたい。」

n aaaaaaaaaa
なるほど
これは教育者 いわぶちかつおさんの言葉です
あなたは
毎日を真剣に そして一生を気楽に過ごしていますか と

ee・・どう、でしょうねボク。

真剣・・???
真剣ですよ
n ふゅふふn・・一応ねっvv
そう、言って・・みましたよ

ま、ね 一生ーーーを、気楽に生きたいですけどね
ま  あのおおおお

・・一生、   というとね

歳を!とるにつれて こう・・時間がたつのはすごく早く感じるーーーーーぅぅぅ というのをね
最近、、、
ちょと前から 感じていますけどね
ええ

ま ここでね ちょっとあの 
メール、きているんでね

「先日のおーちゃんの話から
中学の数学の先生が言っていたことを思い出しました
それは
歳をとると
分母が 大きくなるから
時間が過ぎるのが、早く感じるようになるんだよ、
というものです
これは 例えば12歳の小学6年生には6年間が それまで生きてきた12年間の、つまり人生の半分に相当しますが
33歳のおーちゃんには
6年間は ee
人生のうちの5分の一くらいでしかない、

(全然関係ないけど4分の一の絆 探して 見たくなった週末)

ということです
わたしはこれを聞いて妙になっとくしました
おーちゃんも納得してくれるとうれしいです」

fu aaaaaaaaaaa

なるほどね
いや、・・そうですね
6年前 つったら、ナニやってたっけ
2008年くらいですよ
(ふりすたとまおー、じゃないすか)
国立・・を初めてやった、年じゃないすかねーー
(蛍光きいろ衣装で 中央の段々ケーキから登場して大野くんだけ笑ってなかったあの時、)

・・から、今日まで。

・・より!

しょうがっこイチネンから 6年までのが やっぱね
長く感じましたね・・

・・
・・
あってます!(声がきら~~~んvvvv)

いや!そりゃね、・・すごく感じる!
だからね
ss    n も、
28、、9、、くらいからね もうね

一年たつの。はーな!っと nも 思ってて。

30過ぎたら
どんどん早く感じるよ とはいわれてたけど
ほんとに早いね!

nnnnnnn
あのね。もう、すでに、
いちんち、経つのが早く感じてる。
nっふふふ

いや。年とりましたよ!←完全にすたっふー、と話してる

nふふふ


さんじゅう、、さんだけど

いや でもね

・・40、、いや。いつまで、やってんだろね。 (えっ???)(唐突にキタコレ)

ラジオ。 ←えええええええええ!

ふふふ

(スタッフの声が入る)
(?レポが追い込みで急いでるので3回聞き返しても聞き取れんし!)(焦)

いや、別に、いつでも ずううっとやりますよ
(やってください!!)←ココロの叫びvvv


やっていいんなら。

(くりちゃんが、お願いします。大野くんだのみです。つってる)←おそらくビミョーに本音vvvv

ええ。
ごじ・・50歳くらいで、・・あのーー
21、始めたくらいの  ラジオを聴く、、、っていうね
それはいつか、やりましょう。ぜったいおもしょいと思います

いじょうっ おおのさとしでしたーー








こわ!!


(昔から改編期にはいつも)
(今週でARASHI DISCOVERYのコーナーは、とか栗ちゃん言い出したらどうしよ!)
(と、焦って友達とわいわいやっとったけど)
(tomoちゃんなつかしいね)
唐突に、出てくるとコワい
唐突に、出てくるっつことは どっかでそういう話題が出るのかとかどっかで言われたりするのかとかどっか(エンドレス)

ラジオなくなったら
大野くんの日常はドコで、、垣間見れるの(正確には聞けるの、だけどさ)
朝からビビります・・

いってきます