5/19のニッキ。 

それは、ありなのか?
と、思わず聞き返したくなった、
(以下ワタクシゴト)
(むしろ最近はラジオレポよりも私信ばっかなブログ)
(ご容赦くだされ)
うちは すべての(工事)売上、資材、機材、労務の仕訳を事務所でJDLに入力して、
まとめた1ヶ月分を、税理士事務所の先生にチェックしていただく。
というスタイルなんだけど、
(交通費ガソリン代ETCをすべて工事ごとに振り分けるのが細かくてたいへん、工事車両多いからねー)
SHOが勤めてる税理士事務所は、
お客さまからお預かりする領収証等から3000項目とかをJDLに打ち込んで試算表にして、
お客さまあてに提示する、スタイルだそうで←こっちのほうが通常?だよね?
SHOはまだ、勤め始めて一年たってない、のにお客さまを30件くらい担当していてひとりで試算表つくる、て、
最終的にはもちろん、お客さまにあう。まえに、先生がチェックするそうだけど、
それが。明日9:00にお客さまの会社にいくのに、
ダメ出しが今、メールで来たという。『行く前に直しなさい』と。
家にデータ持ち帰っているわけでないので
明日は5:23の電車に乗る、と(もう寝た。)
自分の会社しか、わからないからさ。なんとも言えないけど。
こんな、新人がひとりで担当するもんなのか?←という疑問。
勉強はしていたというものの、
机上の財務と実際の会社の決算て違うよね。
ひとつひとつの会社毎に毎度毎度新しいよね(たぶん)
ある意味勇気ある先生だな。
『間違えたりしないの?』と聞くと
まちがえるよ!
福利厚生だか、単なる交通費か、とか。
個々の会社で、次から次へと、新しいことに遭遇するよね・・・
さて。
4:30に目覚ましで起きるらしい。
うちが、まちから離れたところにあるから、、通勤に時間がムダにかかるんだ(←申し訳ない気持ちになる)
(都会に住んでいたほうが仕事のためにはいいよね)
母も寝よう。もしもの時に備えて。